文字の大きさの変更
  • 喜多方市市民活動支援センター

    所在地
    〒966-0806
    喜多方市字水上6846番地
    喜多方市厚生会館内
    連絡先
    TEL&FAX : 0241-22-0603
    開館時間
    月曜日~金曜日 8:30~17:00
    土日曜・祝祭日 休館

    喜多方市市民活動支援センターは特定非営利活動法人喜多方市民活動サポートネットワーク(愛称:さぽねっと)が運営をしています。

補助金・助成金情報

ジャパン・プラットフォーム(JPF)「共に生きる」ファンド 第31回/ (特非)ジャパン・プラットフォーム

 東日本大震災及び福島第一原発事故に起因する被災者の方々の「自立」「共生」「こころ」を支えることを目指し、東日本大震災の支援活動のためJPFへお寄せいただいた寄附金を財源として、支援活動にともに取り組む団体(非営利法人)をサポートさせていただきます。また、支援事業の実施にあたっては、支援活動・運営の両面において必要に応じて可能な限りJPFがサポートいたします。

<対象地域>
福島県及び福島第一原発事故に起因する被災者を抱える地域

<対象となる活動>
東日本大震災及び福島第一原発事故に起因する、次のいずれかに該当する活動。
●社会的弱者、生活困難者、経済的・精神的困窮者を対象とする活動
●避難先及び、帰還先でのコミュニティ(地域社会)の保持・再生・形成につながる活動
●地域の伝統・文化・生業の存続につながる活動
●放射能汚染からくる不安に向き合う活動
●支援者・市民社会がお互いの活動を補い合うための場づくり、及びネットワーキングを促進する活動

<助成上限額>
※JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがない場合
・法人登記からの活動実績が1年未満:100万円
・法人登記からの活動実績が1年以上:100万円~1,000万円(前年度の支出実績による)

※JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがある場合
原則1事業あたり1,000万円まで

ホームページ:
http://tohoku.japanplatform.org/tomoniikiru/

対象団体:
・応募時点で法人格を取得済みの非営利法人であること。 ・独立した理事会および事務局が存在していること。 ・活動報告に必要な経理を実施できる団体であること。 ・「共に生きる」ファンドに応募するにあたり組織としての合意・決定を行っていること。

助成期間:
●JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがない場合:平成30年2月19日(月)以降の開始で最長3ヶ月まで。 ●JPF「共に生きる」ファンドの助成を受けたことがある場合:平成30年2月19日(月)以降の開始で最長1年まで。

募集期間:
平成29年12月1日(金)~12月7日(木) ※郵送の場合は7日までに必着、電子メールの場合は7日18:00までに送信してください。

ページ上部へ