文字の大きさの変更
  • 喜多方市市民活動支援センター

    所在地
    〒966-0806
    喜多方市字水上6846番地
    喜多方市厚生会館内
    連絡先
    TEL&FAX : 0241-22-0603
    開館時間
    月曜日~金曜日 8:30~17:00
    土日曜・祝祭日 休館

    喜多方市市民活動支援センターは特定非営利活動法人喜多方市民活動サポートネットワーク(愛称:さぽねっと)が運営をしています。

補助金・助成金情報

NOBUKO基金 / (公財)パブリックリソース財団

 「NOBUKO基金」は、2019年2月18日に41歳の若さでご逝去された河合伸子さんのご遺産を原資として、お父様からのご寄付により、伸子さんのご意志に基づき、困難を抱える子どもや家庭に育つ子どもたちを支援することを目的に設立されました。
 伸子さんは、子どものころから「前向き」で、フロリダの大学に単身留学するなど大胆ともいえる「行動力」の持ち主でした。上智大学卒業後、金融ビジネスに関わる中、持ち前の行動力をもってシンガポールにて自ら起業しビジネスの成功を収められました。
 「NOBUKO基金」は、伸子さんのご意志に沿って、困難な状況を生きる子どもたちが困難を乗り越え、それぞれの可能性を最大限に伸ばせるように支援を行なっているNPOを応援することを通じて、伸子さんご自身がそうであったように「前向き」で「行動力」のある子どもたちが育っていくことを願い、伸子さんの人生の軌跡と成果を未来の子どもたちへの贈り物とするものです。

<支援対象分野>
 ①シングルマザー支援を行うNPO等の活動
 ②虐待を受けた子どもに対する支援を行うNPO等の活動
 ③能力がありながら何らかの事情で能力を伸ばせない子どもたちに
  対する支援を行うNPO等の活動

<支援内容>
 ・上記分野ごとに2団体(3分野合計で6団体)
 ・原則として3年間の継続助成とする
  ※毎年、報告書及び次年度計画書をもとに継続助成の審査を行い、
   次年度継続の判定を行います。
 ・1団体年間250万円まで(3年間で750万円)

 

ホームページ:
https://www.info.public.or.jp/nobuko-fund

対象団体:
シングルマザー支援団体、DV防止団体、虐待防止・虐待を受けた子どもの支援団体、困難を抱える子どもの学習支援団体、不登校・ひきこもりの子どもへの居場所や学習支援、障がい者支援施設、保育所、学童保育、生活困窮者支援団体等の非営利団体(一般社団法人も可。任意団体は対象外)

助成期間:
助成決定時から概ね1年間

募集期間:
2021年3月23日(火)~4月23日(金)17:00

ページ上部へ